閉じる

用語解説

コモディティスワップ
(こもでぃてぃすわっぷ)

カテゴリ:

変動金利と固定金利を交換する金利スワップと同様に、原油や非鉄金属などの商品を対象に固定価格と変動価格を交換するスワップ取引。「商品スワップ」とも言います。相対取引が基本で、運送会社が将来の燃料調達価格を固定したい場合、金融機関との間でコモディティスワップ取引を行います。金融機関は海外の先物市場を利用して、商品価格の変動をヘッジします。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ