閉じる

お客様の声を反映しました

カスタマーサポートの取り組み

お客様の要望に応える体制づくり

お客様から寄せられるご意見・ご要望は、サービス向上委員会内で集計、検討を行い、各セクションへフィードバックし、お客様に満足していただけるサービスの提供に役立てています。

お客様

カスタマーサポート

→ ↓

サービス向上委員会

→ ↓

システム開発部門/
マーケティング部門

→ ↓
↓←↑ →↑←

対応・改善レポート

  • スマホアプリ PRO+ STANDARD

    株式新聞の無料購読が可能になりました。

    お客様

    取引ツール内の投資情報を増やしてほしい。

    サポート

    株式新聞を無料購読いただけるようになりました。

    株式新聞に関する詳細はこちらをご確認ください。

  • 信用取引 米国株式

    米国株式を信用取引の代用有価証券としてご利用いただけるようになりました。

    お客様

    米国株式を信用取引の担保にできるようになったので、【DMM 株】でも対応してほしい。

    サポート

    米国株式を信用取引の代用有価証券としてご利用いただけるよう対応しました。

    「前々営業日の最終価格の60%」を代用掛目とし、その掛目で評価した金額を信用取引の保証金に加えることができます。

    代用有価証券として取扱うことのできる銘柄については、こちらをご確認ください。

  • スマホアプリ PRO+ STANDARD PRO

    モーニングスター社のニュース配信を開始しました。

    お客様

    ニュースの配信会社を増やしてほしい。

    サポート

    モーニングスター社のニュース配信を開始しました。

    ニュースに関する詳細はこちらをご確認ください。

  • 米国株式

    米国株式21銘柄、米国ETF7銘柄を追加しました。

    お客様

    米国株式の取扱銘柄を増やしてほしい。

    サポート

    2020年02月27日(水)より米国株式21銘柄、米国ETF7銘柄を追加しました。

    追加銘柄一覧はこちらをご確認ください。

  • PRO+

    PC インストール版『DMM株 PRO+』をリリースしました。

    お客様

    『DMM株 PRO』よりも高機能な取引ツールを開発してほしい。

    サポート

    『DMM株 PRO』の機能を踏襲しながら、注文機能とチャート機能を強化した『DMM株 PRO+』をリリースしました。

    • 注文機能
    • IFD-OCO注文が可能になりました
    • 「寄付」、「引け」などの執行条件を付与する際に、前場と後場の指定が可能になりました
    • トレード板画面に「ワンクリック発注モード」を搭載し、よりスピーディーな発注が可能になりました
    • 新規の成行注文時にIFD注文を選択できるようになりました
    • 現在の価格よりも有利な価格を発動条件とする逆指値注文が可能になりました
    • IFD注文またはIFD-OCO注文の新規注文発注時に、利益確定の価格を新規約定価格に対するTick(呼び値の単位)で指定できるようになりました
    • チャート機能
    • テクニカル指標が34種類に増えました
    • 描画ツールが10種類に増えました
    • 新たに「チャートボード」を搭載し最大32銘柄のチャートを同時に表示できるようになりました
    • 個別銘柄、指標、業種別指数を組み合わせた「比較チャート」を表示できるようになりました
    • その他
    • WindowsだけではなくMacにも対応しました
    • 使用頻度の高いメニューのショートカット作成が可能になりました

    『DMM株 PRO+』の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

  • 米国株式

    米国株式49銘柄、米国ETF6銘柄、ADR21銘柄を追加しました。

    お客様

    米国株式の取扱銘柄を増やしてほしい。

    サポート

    2020年1月29日(水)より米国株式49銘柄、米国ETF6銘柄、ADR21を追加しました。

    追加銘柄一覧はこちらをご確認ください。

  • スマホアプリ STANDARD PRO

    注文訂正機能の拡充を行いました。

    お客様

    OCO注文も訂正できるようにしてほしい。

    サポート

    OCO注文も訂正できるよう対応しました。
    対応後の訂正可否は以下の表をご覧ください。

    ■注文期限が「当日限り」の場合
    注文期限が「当日限り」の場合の表
    ■注文期限が「当日限り」以外の場合
    注文期限が「当日限り」以外の場合の表

    ○・・・新たに訂正可能となります □・・・現在も訂正可能です -・・・訂正不可です

  • その他

    振込入金の反映システムを変更しました。

    お客様

    平日夜間や土日祝日の振込入金を当日に反映してほしい。

    サポート

    個人口座への振込時に利用いただく金融機関が「モアタイムシステム」参加金融機関である場合は、平日夜間や土日祝日についても原則として30分~1時間程度で取引口座に反映が可能になりました。

    ご利用金融機関の参加状況は、モアタイムシステム金融機関一覧からご確認ください。

    当社システムメンテナンス中、および当社のクイック入金手続き停止時間・接続システム・金融機関のメンテナンス時間は自動反映されません。

  • その他

    【DMM 株】の口座開設申込後、最短即日に取引可能となりました。

    お客様

    口座開設手続きをウェブで完結して、すぐに取引をしたい。

    サポート

    口座開設申込時に「スマホでスピード本人確認」で確認書類を提出する場合、口座開設完了後にWeb上でログインIDおよびパスワードの確認が可能となります。

    そのため、口座開設通知書類を郵便で受け取らずに、最短即日でお取引いただけます。

  • スマホアプリ STANDARD PRO

    注文訂正機能の拡充を行いました。

    お客様

    国内株式の注文において、執行条件なども訂正できるようにしてほしい。

    サポート

    国内株式の注文において、執行条件なども訂正できるよう対応しました。
    対応後の訂正可否は以下の表をご覧ください。

    ■注文期限が「当日限り」の場合
    注文期限が「当日限り」の場合の表 注文期限が「当日限り」の場合の表
    ■注文期限が「当日限り」以外の場合
    注文期限が「当日限り」以外の場合の表 注文期限が「当日限り」以外の場合の表

    ○・・・新たに訂正可能となるケース □・・・現在も訂正可能なケース -・・・訂正不可のケース

  • スマホアプリ

    チャート画面に拡大ボタンを追加しました。

    お客様

    スマホのチャートに拡大ボタンを追加してほしい。

    サポート

    スマホアプリ『DMM株』ノーマルモードのチャート画面に拡大ボタンを追加しました。

    チャート画面にて、をタップすると上部および下部のメニュー項目分、チャートの表示範囲が広がります。

    操作方法の詳細についてはこちらをご覧ください。

    現物板発注画面 現物板発注画面
  • スマホアプリ

    チャート画面が即時編集できるようになりました。

    お客様

    チャートを表示後、すぐにクロスカーソルや表示期間を動かしたい。

    サポート

    スマホアプリ『DMM株』ノーマルモードのチャート画面で、表示後すぐにチャートの編集ができるように改善しました。

    これまでの、チャートを表示>画面をタップ の操作が不要になり、よりスムーズにチャートが編集できます。

  • スマホアプリ

    チャート拡大画面にクロスカーソル機能を追加しました。

    お客様

    スマホのチャート画面上で、クロスカーソルを表示させてほしい。

    サポート

    スマホアプリ『DMM株』ノーマルモードでチャート拡大画面に「クロスカーソル」機能を追加しました。

    チャート画面にて、画面をタップ>をタップするとクロスカーソルが表示されます。

    操作方法の詳細についてはこちらをご覧ください。

    現物板発注画面 現物板発注画面
  • スマホアプリ

    信用取引で買い・売り別の建玉金額を確認できるようになりました。

    お客様

    スマホアプリで信用取引の買い建玉・売り建玉それぞれの建玉金額を確認できるようにしてほしい。

    サポート

    スマホアプリ『DMM株』ノーマルモードで信用建玉金額の買い・売りでそれぞれ確認できるよう対応いたしました。
    建玉を多く保有されている場合でも買い、売りの建玉金額をすぐにご覧いただけるため、ポートフォリオが買い・売りのどちらに傾いているかを確認することで、リスク管理にお役立ていただけます。

  • 米国株式

    米国株式の最低手数料を無料にしました。

    お客様

    米国株式の手数料を引き下げてほしい。

    サポート

    2019年9月3日(火)現地約定分から最低手数料を無料に変更し、米国株式の魅力の1つである「少額投資」をより行いやすい手数料体系になりました。

  • 米国株式

    米国株式263銘柄を追加しました。

    お客様

    米国株式の取扱銘柄を増やしてほしい。

    サポート

    2019年8月5日(月)より米国株式263銘柄を追加しました。

    追加銘柄一覧はこちらをご確認ください。

  • STANDARD

    信用取引で買い・売り別の建玉金額を確認できるようになりました。

    お客様

    信用取引で買い建玉・売り建玉それぞれの建玉金額を確認できるようにしてほしい。

    サポート

    信用建玉金額を買い・売りでそれぞれ確認できるよう対応いたしました。

    建玉を多く保有されている場合でも買い、売りの建玉金額をすぐにご覧いただけるため、ポートフォリオが買い・売りのどちらに傾いているかを確認することで、リスク管理にお役立ていただけます。

  • スマホアプリ

    板発注画面で評価損益が確認できるようになりました。

    お客様

    スマホの板発注画面で、損益状況を見ながら注文を出したい。

    サポート

    スマホアプリ『DMM株』ノーマルモードの板発注画面に評価損益の表示を追加しました。
    現在値で売却・返済した場合の評価損益を確認しながら、注文が出せます。

    現物板発注画面 現物板発注画面
  • スマホアプリ

    銘柄異動情報を追加しました。

    お客様

    スマホアプリでコーポレートアクションに関する情報を確認できるようにしてほしい。

    サポート

    スマホアプリ『DMM株』ノーマルモードで、コーポレートアクション情報が確認できる[銘柄異動]ボタンを追加しました。
    日本株、米国株について以下の項目に該当する銘柄を表示できます。

    ■日本株
    「新規上場」「株式分割/併合」「ファイナンス」「安定操作」「合併」「株式交換/移転」「上場部変更」「売買単位変更」「商号変更」「整理銘柄」「監理銘柄」「上場廃止猶予」「上場廃止」
    ■米国株
    「株式分割/併合」「合併」「スピンオフ」「配当情報」「市場変更」「ティッカー変更」「商号変更」「上場廃止」

    操作方法の詳細はこちらをご覧ください。

  • PRO

    『DMM株 プレミアチャート』機能を搭載しました。

    お客様

    テクニカル指標や描画機能が充実したチャートを作ってほしい。

    サポート

    PC インストール版『DMM株 PRO』に、豊富な分析機能を搭載した『DMM株 プレミアチャート』を追加しました!

    分析ツールとして、フィボナッチ、価格分割、マド検索の3種類を搭載しました。
    さらに、比較チャート(日経平均・TOPIX・日経ジャスダック平均)が表示できるようになり、描画機能も大幅に進化しました。

    『DMM株 プレミアチャート』の詳細についてはこちらをご覧ください。

    『DMM株 プレミアチャート』は『DMM株 PRO』内でのみご利用いただけます。

  • 米国株式

    米国ETF40銘柄を追加いたしました。

    お客様

    米国ETFの取扱銘柄を増やしてほしい。

    サポート

    2019年6月28日(金)より米国ETF40銘柄を追加いたしました。

    追加銘柄一覧はこちらご確認ください。

  • その他

    パスワード再設定フォームが利用しやすくなりました。

    お客様

    ログインIDとパスワードが分からなくなった際に、WEB上でパスワードを再設定したい。

    サポート

    今まではパスワード再設定フォームにログインIDの入力が必要でしたが、その他のお客様情報をご入力いただくことで、ログインIDがご不明の場合もパスワードの再設定が可能となりました。

    メインメールアドレスをログインIDとして代用いただけますので、再設定後のパスワードとメインメールアドレスにてログインが可能となります。

    パスワード再設定フォームはこちらをご確認ください。

  • 米国株式

    米国株式IPO銘柄(スラック・テクノロジーズ)を新規上場初日より受注開始いたしました。

    お客様

    米国株式IPO銘柄(スラック・テクノロジーズ)を新規上場初日から取引できるようにしてほしい。

    サポート

    新規上場初日となる2019年6月20日(木)より、米国株式IPO銘柄 スラック・テクノロジーズ(WORK)の受注を開始いたしました。

    銘柄の概要はこちらをご確認ください。

  • PRO

    板発注画面を複数表示できるようになりました。

    お客様

    板発注画面を複数出せるようにしてほしい。

    サポート

    PC インストール版『DMM株 PRO』にて、板発注画面を複数表示できるように機能を改善しました。

    メニューバー[株式]>「トレード板」をクリックすると、画面が表示されます。
    板発注画面と合わせて、最大3画面まで表示できます。

    操作方法の詳細についてはこちらをご覧ください。

    板発注画面表示イメージ
    ▲3枚の板発注画面を表示した際の画像イメージ
  • 米国株式

    米国株式3銘柄、ADR31銘柄を追加しました。

    お客様

    米国株式の取扱銘柄を増やしてほしい。

    サポート

    2019年5月28日(火)より米国株式3銘柄、ADR31銘柄を追加しました。

    追加銘柄一覧はこちらをご確認ください。

  • 米国株式

    米国IPO銘柄(ウーバー・テクノロジーズ)を新規上場初日より受注開始しました。

    お客様

    米国株式IPO銘柄(ウーバー・テクノロジーズ)を新規上場初日から取引できるようにしてほしい。

    サポート

    新規上場初日となる2019年5月10日(金)より、米国株式IPO銘柄 ウーバー・テクノロジーズ(UBER)の受注を開始しました。

    銘柄の概要はこちらをご確認ください。

  • スマホアプリ

    スマホアプリ『DMM株』ノーマルモードで信用区分を確認できるようになりました。

    お客様

    スマホアプリで信用区分(貸借、融資、一般信用)を確認できるようにしてほしい。

    サポート

    スマホアプリ『DMM株』ノーマルモードの発注画面で、信用区分を確認できるよう対応しました。

    表示は以下の通りです。

    • 貸借銘柄(制度信用で新規売が可能な銘柄)・・・貸
    • 融資銘柄(制度信用で新規買のみ可能な銘柄)・・・融
    • 一般信用(無期限)が可能な銘柄・・・無期
    • 一般信用(デイトレ)が可能な銘柄・・・1日
  • スマホアプリ STANDARD

    NISA口座での売却注文で期間指定ができるようになりました。

    お客様

    NISA口座での売却注文を、期間指定で出せるようにしてほしい。

    サポート

    NISA口座での売却注文につきまして、期間指定で発注できるよう対応しました。
    通常の現物取引、信用取引と同様に30日先まで指定していただけます。

    有効期限内でも失効する場合があります。

    詳細はこちらをご覧ください。

  • 米国株式

    米国IPO銘柄(ピンタレスト)を新規上場初日より受注開始しました。

    お客様

    米国株式IPO銘柄(ピンタレスト)を新規上場初日から取引できるようにしてほしい。

    サポート

    新規上場初日となる2019年4月18日(木)より、米国株式IPO銘柄 ピンタレスト(PINS)の受注を開始しました。

    銘柄の概要はこちらをご確認ください。

  • 米国株式

    米国株式287銘柄を追加しました。

    お客様

    米国株式の取扱銘柄を増やしてほしい。

    サポート

    2019年4月8日(月)より米国株式287銘柄を追加しました。

    追加銘柄一覧はこちらをご確認ください。

  • スマホアプリ STANDARD

    出金予約機能を改善しました。

    お客様

    出金予約後に口座状況が悪化した場合、予約額の一部でもいいので出金してほしい。

    サポート

    口座状況が悪化した場合でも、可能な範囲で出金する機能を追加しました。

    出金の実行をする時点(振込日)において出金可能な金額がない場合は、出金取消となります。

    操作方法の詳細についてはこちらをご覧ください。

  • スマホアプリ STANDARD PRO

    当日の取引損益を確認できるようになりました。

    お客様

    当日の取引損益を一目で確認できるようにしてほしい。

    サポート

    当日の取引損益を表示する機能を追加しました。

    スマホアプリ『DMM株』、PC WEB版『DMM株 STANDARD』、PC インストール版『DMM株 PRO』にてご確認いただけます。

    操作方法の詳細についてはこちらをご覧ください。

    当日の取引損益は概算値となります。

  • 米国株式

    ADR44銘柄を追加しました。

    お客様

    ADRの取扱銘柄を増やしてほしい。

    サポート

    2019年4月1日(月)よりADR44銘柄を追加しました。

    追加銘柄一覧はこちらをご確認ください。

  • 米国株式

    米国IPO銘柄(リフト)を新規上場初日より受注開始しました。

    お客様

    米国株式IPO銘柄(リフト)を新規上場初日から取引できるようにしてほしい。

    サポート

    新規上場初日となる2019年3月29日(金)より、米国株式IPO銘柄 リフト(LYFT)の受注を開始しました。

    銘柄の概要はこちらをご確認ください。

  • 米国株式

    米国株式33銘柄を追加しました。

    お客様

    米国株式の取扱銘柄を増やしてほしい。

    サポート

    2019年3月4日(月)より米国株式33銘柄を追加しました。

    追加銘柄一覧はこちらをご確認ください。

  • スマホアプリ STANDARD PRO

    ADR(米国預託証券)の取扱いを開始しました。

    お客様

    ADR(米国預託証券)を取り扱ってほしい。

    サポート

    ADR(米国預託証券)の取扱いを開始しました。

    ADRを買い付けることで、アリババグループ(中国)や、ユニリーバ(英国)など米国企業以外の有名企業に投資することができます。

    【DMM 株】のADRについてはこちらをご覧ください。

    -ADR(米国預託証券)とは-
    American Depositary Receiptの略で、米国外の企業が発行した株式を裏づけとし、米国内で発行される有価証券のことです。
    配当金の税率は各国の源泉税率となるため、米国源泉税率(10%)よりも低く抑えることができる銘柄もあります。

  • スマホアプリ STANDARD

    IPO(新規公開株)の申込受付を開始しました。

    お客様

    IPO(新規公開株)を取り扱ってほしい。

    サポート

    IPO(新規公開株)の申込受付を開始しました。

    今後、継続的にIPO銘柄の申込受付を実施いたします。

    なお、【DMM 株】のIPO(新規公開株)は「完全平等抽選」かつ「申込時の購入金額が不要」です。

    申込受付中の銘柄についてはこちらをご覧ください。
    申込時の操作方法についてはこちらをご覧ください。

  • 米国株式

    米国株式20銘柄を追加しました。

    お客様

    米国株式の取扱銘柄を増やしてほしい。

    サポート

    2019年1月28日(月)より米国株式20銘柄を追加しました。

    追加銘柄一覧はこちらをご確認ください。

  • 米国株式

    米国株式12銘柄、米国ETF4銘柄を追加しました。

    お客様

    米国株式の取扱銘柄を増やしてほしい。

    サポート

    2018年12月26日(水)より米国株式12銘柄、米国ETF4銘柄を追加しました。

    追加銘柄一覧はこちらをご確認ください。

  • ホームページ

    取扱銘柄リクエストの受付けを開始しました。

    お客様

    米国株式で取り扱ってほしい銘柄があるのですが・・・

    サポート

    お客様より、取扱銘柄のリクエストを受け付けします。
    充実した銘柄ラインナップと、より魅力的な米国株式の取引環境を実現するため、ぜひご要望をお寄せください。

    銘柄追加受付フォーム(米国株式)はこちらになります。

    可能な限り対応いたしますが、全てのご希望を実現するお約束はできませんので、あらかじめご了承ください。

  • ホームページ

    コラムページ(投資情報)を新設しました。

    お客様

    取引の参考になる読み物を掲載してほしい。

    サポート

    投資を身近に感じていただくために、投資情報に関するコラムページを新設しました。
    投資が初めての方から上級者の方まで、幅広く参考にしていただけるよう、様々なコラムの提供を心がけてまいります。

    お役だちコラムはこちらをご覧ください。

  • その他

    お客様サポート時間を延長しました。

    お客様

    株式取引に関する質問を夜間も受け付けてほしい。

    サポート

    お客様サポート時間を延長し、夜間を含めて24時間、ご質問を受け付けします。

    国内株式・米国株式問わず、「画面の見方がわからない」「ツールの操作方法を教えてほしい」など、お客様からのご質問を24時間お待ちしております。

    なお、【DMM 株】ではメールフォーム、お電話、LINEによるお問い合わせを受け付けております。
    お客様のご都合のよい方法でお気軽にお問い合わせください。

    お客様サポートの詳細につきましてはこちらをご確認ください。

  • スマホアプリ STANDARD PRO

    米国株式の取扱いを開始しました。

    お客様

    国内株式以外に、アメリカの株式も取引したい。

    サポート

    米国株式の取扱いを開始しました。

    業界最安値水準の取引手数料で、米国株式をお取引きいただけます。
    なお、国内株式と同じ取引ツールで取引が可能で、国内株式と米国株式の垣根をなくした取引環境をご用意しました。

    また、取扱銘柄のリアルタイム株価は無料でご覧いただけます。

    【DMM 株】の米国株式についてはこちらをご覧ください。

  • PRO

    日経225先物の価格・板情報の配信を開始しました。

    お客様

    日経225先物のリアルタイムの値動きが見たい。

    サポート

    『DMM株 PRO』で日経225先物のリアルタイム価格・板情報の配信を開始しました。

    ⇒日経225先物・日経225mini先物のリアルタイム価格・板情報をご覧いただけるようになりました。中心限月以外も表示可能です。
    これにより、相場全体の動きを見ながら個別銘柄の注文方針を検討することができます。

    ▲ 投資情報メニューの「先物板(日経225/mini)」クリックで先物板画面が表示されます。
  • PRO

    東証FLEX Full 板情報を追加しました。

    お客様

    『DMM株 PRO』の板発注画面で、制限値幅内の全ての価格帯における注文数量を確認したい。

    サポート

    東証FLEX Full 板情報を表示できるよう対応いたしました(※)。

    ⇒当社取扱銘柄の板情報を、制限値幅まで全てご覧いただけます。

    また、注文件数や引け注文数量も見られるので、取引価格の予想が立てやすくなります。
    もちろん、板発注画面上で板をクリックすればスピーディーな発注が可能です。

    東証FLEX Full 板情報の利用条件はこちらをご覧ください。

    画面を上方向にスクロールすると、制限値幅上限まで板を表示できます。画面を下方向にスクロールすると、制限値幅下限まで板を表示できます。
    ▲ 板発注画面のスクロール
  • PRO

    板発注画面で取引所に注文のない価格帯を非表示にできるようになりました。

    お客様

    板発注画面で取引所に注文のない価格帯を飛ばして板を表示したい。

    サポート

    『DMM株 PRO』の板発注画面で、取引所に注文のない価格帯を非表示にできるよう改善しました。

    ⇒板発注画面に[圧]ボタンを新設したことで、注文がない価格帯の表示、非表示の切り替えが可能になりました。
    この機能により、気配の薄い銘柄で株数が飛び飛びで表示されているような板がコンパクトで見やすくなります。

    ▲ 板発注画面で、取引所に注文がない価格帯の表示/非表示を切り替えることができます。
  • PRO

    板発注画面で建玉の返済順序を選べるようになりました。

    お客様

    板発注画面で建玉の返済順序を選べるようにしてほしい

    サポート

    『DMM株 PRO』の板発注画面で、建玉の返済順序を選べるようになりました。

    ⇒建玉返済時の「返済順序選択」ボタンを板発注画面上に新設しました。
    この機能により、マーケットの状況を見ながら素早く返済順序を選択することができます。

    板発注画面
    ▲ 板発注画面で、信用建玉を返済する順序を選択することができます。返済順序ボタンをクリックすると選択肢が表示されます。
  • PRO

    板発注画面の文字サイズを変更できるようになりました。

    お客様

    板発注画面の板の数字を大きく表示したい。

    サポート

    『DMM株 PRO』の板発注画面の文字サイズを変更できるようになりました。

    ⇒システム設定画面にて、「板発注の文字サイズ変更を有効にします」にチェックを入れた状態で、メニューバーの文字サイズ変更ボタンを操作すれば、文字の拡大縮小が可能です。
    板の数字が小さくて見えづらかったお客様も、サイズを拡大してご覧いただけるようになりました。

    システム設定画面とメニューバーの画像
    ▲ システム設定画面とメニューバー
  • PRO

    板発注画面の取引区分で「信用取引」をデフォルトに設定できるようになりました。

    お客様

    板発注画面の取引区分にてデフォルト設定を「信用取引」にしたい。

    サポート

    『DMM株 PRO』の板発注画面で、取引区分のデフォルトを設定できるようになりました。

    ⇒システム設定の中に、板発注画面の取引区分デフォルト選択機能を追加しました。
    この機能により、取引区分選択の手間を省けて、迅速な発注につながります。

    システム設定画面
    ▲ システム設定画面
  • PRO

    板発注画面で注文訂正する際の訂正確認画面を省略できるようになりました。

    お客様

    板発注画面で注文訂正をする際に表示される確認画面を省略したい。

    サポート

    『DMM株 PRO』の板発注画面で注文訂正する際の、訂正確認画面を省略できるようになりました。

    ⇒板発注画面上に「確認省略」のチェックボックスを追加しました。
    チェックを入れると注文訂正時に確認画面が表示されず、素早い注文訂正ができます。

    フル板画面
    ▲ 板発注画面
  • PRO

    注文約定照会画面に「注文期限」を追加しました。

    お客様

    注文約定照会画面で「注文期限」を確認できるようにしてほしい。

    サポート

    『DMM株 PRO』の注文約定照会画面の表示項目に「注文期限」を追加しました。

    ⇒これまでは、詳細画面に進まないと「注文期限」を確認できませんでした。
    今後は、注文約定照会画面でもご確認いただけます。

    注文約定照会画面
    ▲ 注文約定照会画面
ページTOPへ