閉じる

用語解説

戸籍
(こせき)

カテゴリ:

人の出生から死亡に至るまでの親族関係を登録公証するもので、日本国民について編製され、日本国籍をも公証する唯一の制度。個人の家族的身分関係を明確にするため、1組の夫婦とその未婚の子とを単位として、氏名、年月日、続柄などを記載した公文書です。本籍地の市区町村が管理しています。相続においては、被相続人の生年にさかのぼる戸籍、除籍、改製原戸籍を取得することにより、相続人を明らかにすることができます。

戸籍には戸籍謄本戸籍抄本の2種類があります。一般的に相続の手続きには戸籍謄本を使用しますが、状況によって戸籍抄本でも手続きが可能な場合があります。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ