閉じる

信用取引について

信用取引の建玉はいつまでに返済すればいいですか?

<制度信用取引>

信用建玉は、新規建てした日から6ヶ月目の応当日(応当日がない場合はその月の末日、休日の場合は前営業日となります。)が返済期日となります。また、上場廃止・株式分割・株式移転・合併等が決定した場合など、返済期日が繰り上がることもあります。なお、当社では返済期日の前営業日までに決済をしていただく必要があります。

応当日の例:

  • 5月31日(木):新規建て日
  • 11月29日(木):返済発注可能日(返済期日の前営業日)
  • 11月30日(金):返済期日(新規建てした日から6ヶ月目の応当日)
<一般信用取引(無期限)>

原則として返済期日はありませんが、上場廃止・株式分割・株式移転・合併等が決定した場合に返済期日が設定されることがあります。期日が設定された場合は、返済期日の前営業日までに決済をしていただく必要があります。

<一般信用取引(デイトレ)>

新規建てした日の取引終了時間までに決済をしていただく必要があります。
(翌営業日に建玉を持ち越すことはできません)
なお、取引終了時間までに決済できなかった場合は、翌営業日の前場寄り前に強制決済注文を発注いたします。
強制決済手数料につきましてはこちらをご確認ください。

  • 制度信用取引と一般信用取引(無期限)の返済期限については、返済期日の5営業日前から取引ツールのお知らせおよびメールにて連絡いたします。
  • 返済期日が変更される場合の詳細についてはこちらをご確認ください。
ページTOPへ