閉じる

用語解説

底をつく
(そこをつく)

カテゴリ:

相場が下げるだけ下げて、下げ止まって底に突き当たること。株価など相場のチャートを見ると、価格が下落して最安値ないしはそれに近い安値になり、谷のような形状になっているところがあります。このような安値を「底」や「ボトム」などと呼びます。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ