閉じる

用語解説

預金準備率操作
(よきんじゅんびりつそうさ)

カテゴリ:

金融機関の預金残高のうち、中央銀行に預け入れる比率を変更すること。金融機関が中央銀行に当座預金(日本銀行当座預金)などとして預け入れなければならない最低金額を「法定準備預金額」(所要準備額)と呼びます。中央銀行が預金準備率を操作することにより、金融機関の貸出態度などへ影響を及ぼし、金融緩和や引き締めを行うことがあります。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ