閉じる

用語解説

デフレギャップ
(でふれぎゃっぷ)

カテゴリ:

総需要より総供給が多く「需給ギャップ」がマイナスになっていること。需給ギャップは国の経済全体の総需要と供給力の乖離(かいり)のことで、「GDPギャップ」と呼ばれることもあります。デフレギャップは景気の停滞や不況を示しており、物価が下落する要因となります。一方、総供給より総需要が多く需給ギャップがプラスになっている状態は「インフレギャップ」と呼びます。好況や景気が過熱しており、物価が上昇する要因となります。
インフレギャップ

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ