閉じる

用語解説

株式消却
(かぶしきしょうきゃく)

カテゴリ:

発行済みの自社株を消滅させること。会社法では自社株の消却が認められており、実施する場合は消却する株式の数を定める必要があります。種類株式を発行している場合は、株式の種類と種類ごとの数を定める必要があります。自社株消却で資本金を取り崩した場合は減資になります。自社株を市場から買い入れて消却すると、発行済み株式の総数が減るため、1株当たりの資産価値や自己資本利益率(ROE)が向上することになります。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ