閉じる

用語解説

当座比率
(とうざひりつ)

カテゴリ:

企業の短期的な支払い能力を評価する指標のひとつ。1年以内に支払期限を迎える流動負債に対し、現金や預金、有価証券などすぐに換金できる当座資産がどの程度あるかを示す比率のこと。一般的には当座比率は100%以上が望ましい水準とされます。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ