閉じる

用語解説

利益相反
(りえきそうはん)

カテゴリ:

当事者間の行為が、一方の立場では利益になるものの、他の立場では不利益になること。例えば、投資信託運用会社は投資家の利益のために忠実に業務を行うことが求められていますが、運用会社と同じグループの証券会社と取引を行うと手数料を高めに支払うなど投資家の不利益につながる事象が起こり得ます。また、会社の取締役の場合も、個人的な利益を追求すると会社の利益に反する事態を招く可能性があります。このため、法律などで利益相反取引を防止するルールが定められています。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ