閉じる

用語解説

市場型間接金融
(しじょうがたかんせつきんゆう)

カテゴリ:

直接金融間接金融の中間的な性格を持つ金融手法のこと。直接金融は「借り手が貸し手から第三者を介さずに直接お金を供給してもらう方法」で、間接金融は「貸し手と借り手の間を金融機関が仲介して、間接的に資金調達する方法」と定義されます。市場型間接金融は、証券化商品やシンジケートローンのように、金融機関がいったんリスクを引き受けたあと、それを市場で売却することでリスクが軽減されます。投資信託も金融機関から購入したあと、解約や売却で換金できるため、市場型間接金融に含めます。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ