閉じる

用語解説

片端入れ
(かたはいれ)

カテゴリ:

金利や債券の利回りを計算する際に、対象期間のうち計算開始日(初日)あるいは最終日のどちらか一方だけを入れて算出する方法。一般的には初日を含めずに最終日を含めます。金銭貸借などで利息を算出する場合、貸借期間の最初の日と最後の日を含めて計算するかどうかで値が変わります。両日とも含めない場合は「両端落とし」(両落ち)、両日とも含める場合は「両端入れ」と呼びます。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ