閉じる

用語解説

トリクルダウン理論
(とりくるだうんりろん)

カテゴリ:

富が富裕層から低所得層に徐々に滴り落ちるとする理論。「トリクルダウン仮説」と呼ばれることもあります。大企業や高所得者が富むような経済政策を実施すれば、投資や消費が活発になり、より広い層にも恩恵が及ぶとする考え方です。しかし、富が富裕層に偏在するだけで、経済格差を拡大させかねないとの批判もあります。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ