閉じる

用語解説

テイラールール
(ていらーるーる)

カテゴリ:

物価上昇率や国内総生産(GDP)などを基に政策金利を決定する金融政策。米経済学者のテイラーが発表しました。テイラールールでは、均衡実質金利、物価上昇率と目標とする物価上昇率の差、実質GDP成長率と潜在成長率の差などをデータとして用います。物価水準や実体経済が目指す水準からどの程度乖離(かいり)しているかに従って、中央銀行が政策金利を調整することになります。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ