閉じる

用語解説

債権放棄
(さいけんほうき)

カテゴリ:

企業が経営破綻したとき、金融機関などが持つ債権の全額、または一部を放棄する措置。債務者の側からみれば「債務免除」に当たります。企業の倒産を回避するために、銀行などによる支援策のひとつとして実施されることがあります。また、債権放棄した場合、税務上の貸倒損失として損金算入が認められる場合があります。過大な債務を負った企業が会社更生法民事再生法に基づく法的整理によらず、債権者の協力を得ながら私的整理を図る仕組みとして事業再生ADRがあります。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ