閉じる

用語解説

先入先出法
(さきいれさきだしほう)

カテゴリ:

棚卸資産の評価や原価計算をする際、先に仕入れた物品から先に払い出されたと仮定する方法。英語表記「First In, First Out」の略で「FIFO」と呼ばれることもあります。価格が上昇している時に先入先出法を適用すると、安価に仕入れたものが高く売れたことになる半面、価格下落時は高価で仕入れたものを安く売ったとみなすことになります。移動平均法では、物品を仕入れるたびに在庫の平均単価を算出し直し、棚卸資産の評価や原価計算に用います。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ