閉じる

用語解説

繰延税金資産
(くりのべぜいきんしさん)

カテゴリ:

税効果会計で使用する勘定科目のひとつ。企業会計上は費用として支出したものの、税務会計上は損金と認められないことを「一時差異」と言います。この結果、企業は税金を前払いした形になります。この前払い分は将来戻ってくると想定し、一定の条件のもとに「繰延税金資産」として貸借対照表に計上します。似た言葉に繰延資産がありますが、こちらは企業の創立費など一時的に資産として計上できる費用のことで、全く別のものです。

繰延税金資産は、企業の決算が黒字で将来も税金を支払う利益が上がっていることが前提になります。このため、赤字続きの企業は繰延税金資産を計上することはできません。赤字になったり黒字になったりと業績の変動が大きな企業の場合、繰延税金資産の算定は複雑になり、同資産が大きく増減することがあります。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ