閉じる

用語解説

新株予約権無償割当
(しんかぶよやくけんむしょうわりあて)

カテゴリ:

上場会社が、既存株主の保有株式数に応じて新株予約権を無償で割り当てる形の増資手法。「ライツ・オファリング」「ライツイシュー」ともいいます。増資に応じる株主は新株予約権を行使して株式を取得でき、増資に応じない株主は、新株予約権そのものを市場で売却することができます。公募増資第三者割当増資は、特定の投資家のみに新株が配分されるため、株式価値の希薄化を招き、既存株主は損失を被ることが多いですが、新株予約権無償割当は、株主が自分の意思で選択できることから、持ち分の希薄化による不利益が生じにくいのが特徴です。

新株予約権無償割当には、引受証券会社が未行使分の新株予約権の行使を約束する契約を締結し、発行会社の資金調達額をコミットするコミットメント型と、そうした契約を締結していないノンコミットメント型があります。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ