閉じる

用語解説

アルゴリズムトレード
(あるごりずむとれーど)

カテゴリ:

コンピューターがマーケットの動向を判断して、自動的に株式売買注文のタイミングや数量を決めて注文を繰り返す取引のこと。「アルゴリズム取引」ともいいます。金融工学などを駆使して最良の執行タイミングで売買を行うもので、大口注文を細分化して株価に影響を与えないように購入したり、数百銘柄を同時に取引したりするなど、さまざまな手法があります。各社それぞれノウハウがあるため詳細は不明ですが、競争が激化していることもあり、絶えず高度化されています。東京証券取引所では、売買注文の高速処理が可能な売買システム「アローヘッド」が導入されて以降、機関投資家ヘッジファンドなどを中心にアルゴリズムトレードが活発化しています。日本では、株式や債券が中心ですが、海外では商品や為替、デリバティブを交えて多様な取引が行われています。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ