閉じる

用語解説

マル優
(まるゆう)

カテゴリ:

少額貯蓄の非課税制度のこと。現在は、障害者や遺族年金受給者を対象に、預貯金、合同運用信託、特定公募公社債等運用投資信託、一定の有価証券の元本の合計額が350万円までの利子が非課税になります。過去には、貯蓄率向上を目的に、全国民を対象にしたマル優制度が実施されたこともありました。

情報提供:株式会社時事通信社

最短即日から取引開始

ページTOPへ