閉じる

用語解説

年金受給権の評価
(ねんきんじゅきゅうけんのひょうか)

カテゴリ:

保険契約による年金受給権(年金を受け取る権利)を相続贈与によって取得した場合の評価方法のこと。相続や贈与により年金等(死亡保険金等を年金払いで受け取る特約による年金を含む)を受け取る場合、相続税法第24条で年金の種類に応じて年金受給権の評価方法が定められています。個人年金保険で贈与税の対象となるのは、契約者と年金受取人が異なる場合で、生命保険の死亡保険金を年金形式で受け取る際に相続税の対象となるのは、契約者と被保険者が同一の場合などです。
これらの場合の評価方法は、
(1)解約返戻金の額
(2)年金に代えて一時金の給付を受けられる場合は一時金の金額
(3)予定利率等をもとに算出した金額
のいずれか多い額が年金受給権の評価額となります。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ