閉じる

用語解説

銀行券ルール
(ぎんこうけんるーる)

カテゴリ:

日本銀行が資金供給のため金融機関から買い入れる国債の保有を銀行券(紙幣)の発行残高以下に抑えると定めた自主ルール。2001年3月、市場に出回るお金の量を政策目標とする量的金融緩和策の際に導入しました。日銀が際限なく国債を買い続ければ国の放漫財政を招き、規律が緩んで財政や通貨の信認が失われる恐れがあるため、歯止めをかける狙いがあります。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ