閉じる

用語解説

競争売買
(きょうそうばいばい)

カテゴリ:

複数の売方と買方が1カ所に集まって、もっとも有利な条件を示した相手と取引すること。「セリ売買」ともいいます。株式の取引所取引の価格決定方式(売買成立方法)です。取引所の競争売買は、成り行き注文指し値注文よりも優先して売買が成立(価格優先の原則)し、売買注文を出した時間が早かったものから順に売買が成立(時間優先の原則)するというルールがあります。
相対売買相対取引

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ