閉じる

用語解説

仮需要
(かりじゅよう)

カテゴリ:

株式市場では信用取引の買い需要(信用買い、カラ買い)のこと。商品先物取引では投機を目的とした買いや、現在実需はないが先を見て手当てする買い物のことを指します。「仮儒」とも呼びます。一般的には、物価上昇や物資不足が予想されるとき、実際には需要がないにもかかわらず生じる需要のことです。
実需

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ