閉じる

用語解説

オプション取引
(おぷしょんとりひき)

カテゴリ:

デリバティブ(金融派生商品)のひとつで、特定の原資産について、一定の期日(期間内)に、あらかじめ決められた数量を、あらかじめ決められた価格で、受け渡しする「権利」を「売買」する取引。「買う権利」のことをコールオプション、「売る権利」のことをプットオプションと呼びます。オプションの購入者は、この権利を行使することも放棄することも可能で、損失を限定できるというメリットがあります。一定の期日(権利行使日)にのみ権利行使ができる「ヨーロピアンタイプ」と一定の期間内にいつでも権利行使できる「アメリカンタイプ」があります。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ