閉じる

用語解説

委託売買
(いたくばいばい)

料金や手数料をもらって取引の仲介を行うことで、「ブローキング」「ブローカー業務」とも呼ばれます。自己でリスクを取って売買を行う「自己売買」と対比されることが多いです。株式や債券などの有価証券については、投資家から受けた売買注文などを、流通市場や別の投資家につないで取引を成立させる業務を指します。
自己売買

証券業界では、自己売買で利益を追求する「自己売買」、引き受け業務の「引き受け」、募集・売り出し業務の「売り出し」と並ぶ、主要業務のひとつと位置付けられています。

情報提供:株式会社時事通信社

ページTOPへ