閉じる

特定口座の税金について

特定口座と一般口座それぞれで同一銘柄の株式を譲渡(売却)した場合、譲渡益税の計算はどのようになりますか?

同一期間中に特定口座と一般口座それぞれで譲渡(売却)した場合、同一の銘柄であっても別々に損益を算出します。


確定申告の際には、一般口座・特定口座すべての売却合計金額-すべての買付合計金額(手数料・諸経費含む)=合計損益

として計算します。


計算例:A銘柄を100株ずつ一般口座と特定口座に保有している場合

(手数料・諸費用なしと仮定)

一般口座:取得単価500円 売却単価1,000円

特定口座:取得単価400円 売却単価1,000円


<計算>

      <買付総額>     <売却総額>

一般口座:(1,000×100)-(500×100)=利益50,000円

特定口座:(1,000×100)-(400×100)=利益60,000円

50,000円(一般口座の利益)+60,000円(特定口座の利益)=合計損益110,000円 

と、計算します。

ページTOPへ