閉じる

信用取引について

信用取引においての「新規」「返済」とは何ですか?

信用取引を利用して取引を始めることを「新規建(しんきだて)」といいます。

「新規」とは、文字通り何も無い状態から新たに設定するということです。

現金を借りて株式を買うことを「新規買い」、株式を借りて売ることを「新規売り」といいます。


また、借りた現金や株式は必ず返済しなければなりません。

反対売買による返済の場合、株式を売って現金を返済することを「返済売り」、株式を買い戻して株式を返却することを「返済買い」といいます。


また、反対売買ではなく現物株式による返済も可能です。

信用で買いの建玉を持っている場合、「品受」による返済が可能です。

信用で新規買いをした時の建玉金額(建単価×株数)と諸経費を支払うことで、現物株を受け取る決済手段です。

売りの建玉を持っている場合、「品渡」による返済も可能です。同じ銘柄・株数の現物株を渡す返済手段です。

※規制がされている場合など、銘柄によっては品受・品渡ができない場合もあります。

ページTOPへ