閉じる

信用取引について

立替金とは何ですか?

立替金とは、引き出し不足請求や現金不足が期日までに解消されなかった際に発生するものです。

発生する主なケースは以下の通りです。

・預かり金(現金)よりも決済損の方が高くなってしまった場合

・代用有価証券のみを担保に取引をし、決済損が発生した場合

・預託率が30%を下回った状態(※1)で決済損、現物株式の買付けなどが発生した場合

※1:増担保銘柄の建玉がある場合は、30%を上回っていても発生することがあります。

・品受・品渡を行った後、受渡日を迎える前に建玉の評価損が発生し、預託率が30%以下もしくは委託保証金が30万円以下になった場合

・売建玉決済約定日にFX・CFD・バヌーシー口座に資金振替を行い、後日、逆日歩が発生した場合

・売建玉決済約定日にFX・CFD・バヌーシー口座に資金振替を行い、後日、配当落調整金に修正があった場合

・売建玉決済約定日にFX・CFD・バヌーシー口座に資金振替を行った後、預託率が30%以下もしくは維持率が30%以下となった場合

(株口座から他サービスへ資金振替を行い、翌日の早朝メンテナンス後に30%以下または受入保証金が30万円未満になった場合、満たない金額が立替金となります)

・その他にお客様の口座状況により、発生することがあります。


なお、解消方法は原則として入金のみです。

発生日の15時30分までに当社にて入金を確認できる必要があります。


※立替金と追証が同時に発生し、両方とも入金による解消を行う場合は、合算金額をご入金ください。

ページTOPへ