閉じる

分別管理などについて

信用取引の分別保管の扱いはどのようになりますか?

信用取引の場合は、委託保証金現金及び代用有価証券が分別保管の対象となります。
なお、信用取引における未決済建玉に係る評価益は、補償の対象となりません。

ページTOPへ