閉じる

源泉徴収あり/なしについて

特定口座の「源泉徴収あり/なし」のメリットとデメリットは?

源泉徴収あり

メリット

  • 確定申告が原則として不要となります。お取引の都度、譲渡損益が再計算され所得税と住民税の徴収や還付が行われます。配当所得は、翌年の年初に譲渡損益と通算され、過納分が生じる場合は証券取引口座へ還付されます。
  • 年間の損益を計算した「特定口座年間取引報告書」を当社が交付し、特例措置等を受ける場合等に当該報告書を利用して簡便に確定申告が可能となります。
  • 「源泉徴収あり」の譲渡益は、配偶者控除や扶養控除等の適用の有無を判定する際の配偶者等の合計所得金額に含めなくてもよいことになっています(確定申告をすると、合計所得金額に含まれます)。

デメリット

  • 特例措置等(譲渡損失の繰越控除制度)を受ける場合には、お客様ご自身での確定申告が必要となります。

源泉徴収なし

メリット

  • 確定申告は必要ですが、年間取引報告書が交付され、煩雑な計算作業等なく、確定申告を行えます。
  • 複数の証券会社で取引をしている場合は、源泉徴収をしていないため、それぞれの証券会社で交付された「特定口座年間取引報告書」を使用することで確定申告の計算が簡便になります。
  • 特例措置等(譲渡損失の繰越控除制度)を受ける場合には、確定申告等により適用を受けることができます。

デメリット

  • 確定申告が原則として必要となります。
  • 「源泉徴収なしの特定口座」の譲渡益は、配偶者控除や扶養控除等の適用の有無を判定する際の合計所得金額に含まれます。

源泉徴収の有無にかかわらず、

  • 配当金受取方式として「株式数比例配分方式」を選択していない場合、配当金についてはご自身で確定申告を行う必要があります。
  • 他社の証券口座との損益通算をする場合、ご自身での確定申告を行う必要があります。
ページTOPへ