閉じる

配当金について

いつまでに買付けていれば、株主優待や配当の権利を取得できますか。

株主優待や配当金を受取るには、権利確定日までに該当する銘柄を保有していれば、権利を取得できます。ただし、株式は約定日から起算して3営業日目に受渡しとなるため、実際には「権利付最終日」までに株式を買付し、保有していなければなりません。


2019年8月末が権利確定日の場合


25 26 27 28 29 30 31
8/28(水):権利付最終日

この日までに現物株式を買付すれば、株主の権利が得られる!

8/29(木):権利落ち日

この日になれば売却しても権利がなくならない。

8/30(金):権利確定日

株主としての権利が確定


権利を取得すれば、権利落日(権利付最終日の翌営業日)以降に当該株式を売却しても、株主優待や配当を受取ることができます。


信用取引の買建玉は、株主優待や配当の権利を取得できません。配当相当額の受取りとなります。ご注意ください。

ページTOPへ