閉じる

配当金について

配当落調整金とは何ですか?

信用取引で、権利付最終日をまたいで建玉を保有していた銘柄に配当がある場合、配当金相当額として処理される調整金です。買建玉を保有している場合は配当落調整金を受取り、売建玉を保有している場合は配当落調整金を支払います。

税法上、配当所得には区分されず、譲渡所得の計算に含まれます。

<買建玉>

配当金額から15.315%*の源泉徴収税額相当分を控除した後の金額(配当落調整金)を、証券口座へ入金されます。

<売建玉>

配当金額から15.315%*の源泉徴収税額相当分を控除した後の金額(配当落調整金)を、証券口座預り金また保証金からお支払いいただきます。

2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間、復興特別所得税として所得税額に2.1%が上乗せされる為、15.315%となります。

ページTOPへ