閉じる

信用取引について

空売りの価格規制とは何ですか?

当日の基準価格より10%以上下落した(トリガー抵触)銘柄の信用新規売付(空売り)を行う場合、価格規制が適用され、直近公表価格以下での空売りが規制されます(適格機関投資家以外による50単位以内の空売りは適用除外)。

  • トリガー抵触前

    空売りの価格規制は適用されず、直近の価格にかかわらず、指値による51単位以上の信用新規売付注文の発注が可能です。
    ただし、当日の基準価格から10%以上低い価格での指値による51単位以上の信用新規売付注文は失効します。

  • トリガー抵触後

    空売りの価格規制が適用され、51単位以上の信用新規売付注文を行う場合、以下の発注が規制されます。

    当日始値決定前(寄付前) 基準価格以下での信用新規売付注文の
    発注を制限
    当日始値決定後
    (寄付後)
    価格上昇局面
    (直近公表価格>直前の異なる公表価格)
    直近公表価格未満での信用新規売付注文の
    発注を制限
    価格下落局面
    (直近公表価格<直前の異なる公表価格)
    直近公表価格以下での信用新規売付注文の
    発注を制限
  • 価格規制適用期間

    主市場においてトリガー抵触となった場合、トリガー抵触時点から翌営業日の取引終了時点まで、空売りの価格規制が適用されます。

ページTOPへ