閉じる

信用取引について

逆日歩とは何ですか?

制度信用取引において、証券金融会社の貸株残高(売建)が融資残高(買建)を上回った場合、売り方が買い方に対して株の品貸料を支払うことがあります。この品貸料を一般に「逆日歩」といいます。


証券金融会社は貸株残高が融資残高を超過(株不足)する都度、不足株数を金融商品取引業者または生損保等の機関投資家から、入札形式で調達します。
この入札により品貸料(逆日歩)が決定されます。


※証券金融会社についてはこちらをご確認ください。

ページTOPへ