閉じる

現物取引について

制限値幅はどの様に決まってますか

前日の終値又は最終気配値段等を基準値段としています。例えば、前日の終値が1,000円の場合、制限値幅(上下)300円となり、翌日は上限値段(ストップ高)が1,300円、下限値段(ストップ安)が700円となり、それを超えて売買が成立することはありません。


制限値幅【外部リンク】

ページTOPへ