閉じる

現物取引について

差金決済取引とは何のことですか?

差金決済取引とは、受渡日に買付代金または売付有価証券の提供によって決済を行わずに対当する売りまたは買いで相殺する取引のことです。当該取引は、信用取引等を除き法令で禁止されています。

なお、現物取引において、同一日に同一銘柄を同一資金で「買付⇒売付⇒買付」もしくは「売付⇒買付⇒売付」を行うことは、差金決済取引に該当する場合がありますので、ご注文をお受けしておりません。

ページTOPへ