閉じる

PCツールについて

東証FLEX Fullの板情報と、通常の板情報の違いを教えてください。

表示できる気配値(板情報)の本数に大きな違いがあります。


通常の板情報で表示する気配値は、現在値から上下10本(合計20本)となりますが、東証FLEX Fullの板情報サービスでは制限値幅内の全ての気配値を表示することができます。
さらに、通常の板情報では見ることができない、「売買の注文件数」「売買の累計数量」「引け注文の数量および件数」「始値予想」「終値予想」が閲覧できます。


東証FLEX Fullの板情報サービスは、以下いずれかの条件に該当すれば利用可能です。


■新規口座を開設すること

新規口座開設後、最大2ヶ月間利用可能です(口座開設月の翌月末まで利用可能です)。
【例】
10月2日新規口座開設の場合⇒10月2日から11月30日まで利用可能です。
10月22日新規口座開設の場合⇒10月22日から11月30日まで利用可能です。


※口座開設日はマイページで登録必須項目(内部者情報など)の入力が完了した日です。


■信用取引口座を開設していること

新規口座開設後の利用期間を経過した後も、引き続きご利用が可能です。


■現物取引の売買約定があること

現物取引の売買約定日翌日から翌月末まで利用可能です。
【例】
10月11日に売買が約定した場合⇒10月12日から11月30日まで利用可能です。

ページTOPへ