閉じる

米国株式の取引時間について

米国株式と日本株式での取引時間の違い

日本株式の取引時間は9時~15時ですが、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の取引時間は、現地時間の9時30分から16時00分となります。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の取引時間を日本時間に直すと、
標準時間(米国冬時間)の場合は、23時30分から翌朝6時で、サマータイム(米国夏時間)の場合は、22時30分から翌朝5時となります。

日本株式と米国株式の時間

時差

米国本土では、東から順に「東部時間」、「中部時間」、「山岳部時間」、そして「太平洋時間」の4つのタイムゾーンがあります。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)があるニューヨークの時間は、「東部時間」です。

「東部時間」のニューヨークと日本の時差は、標準時間(米国冬時間)の場合14時間、サマータイム(米国夏時間)の場合13時間となります。

標準時間
(米国冬時間)
サマータイム
米国夏時間
時差 14時間 13時間

昼休みの有無

日本の証券取引所は11時30分から12時30分まで昼休みを設けており、9時から11時30分(前場)、12時30分から15時(後場)に分かれます。

一方、米国の証券取引所は、昼休みがありません。
そのため、米国の証券取引所では、現地時間9時30分から16時00分の間、継続して取引が行われます。

日本の
証券取引所
米国の
証券取引所
昼休み

夏時間(サマータイム)

夏時間(サマータイム)とは、日照時間が長い時期だけ時計を1時間進め、太陽が出ている時間を有効に活用しようという制度です。

米国の夏時間(サマータイム)は、3月第2日曜日から11月第1日曜日までとなります。
サマータイムの開始と終了に伴い取引時間が変更されますので、注意が必要です。

米国株式の取引時間・注文受付時間

【DMM 株】の米国株式の取引時間は、標準時間(米国冬時間)なら23時30分から翌朝6時00分、サマータイム(米国夏時間)は22時30分から翌朝5時00分となります。

注文受付時間は、標準時間(米国冬時間)とサマータイム(米国夏時間)ともに16時00分から受付開始し、取引終了時間まで受付けております。

サマータイム(米国夏時間)での
取引時間・注文受付時間

横にスクロールできます →

取引時間 注文受付時間
サマータイム
(米国夏時間)
22時30分~翌05時00分 16時00分~翌05時00分

標準時間(米国冬時間)での
取引時間・注文受付時間

横にスクロールできます →

取引時間 注文受付時間
標準時間
(米国冬時間)
23時30分~翌06時00分 16時00分~翌06時00分

米国株の時間外取引

米国株の取引時間は現地9時30分から16時までとなりますが、プレ・マーケット(現地8時から9時30分)、アフター・マーケット(16時から20時)等の時間外取引があります。

通常取引時間と比べて取引参加者が少ないため、流動性の低下により売買価格の開きが大きくなったり、価格の変動が激しくなったりすることがあります。

【DMM 株】では時間外取引はできません。

米国市場の休場日

米国市場と日本市場の営業日は異なります。
主な休場日は下記となり、本年の米国休場日については、米国休場日カレンダーをご参照ください。

主な
休場日
休場理由
1月
1日
元日
1月
第3月曜日
マーティン・ルーサー・キング誕生日
(マーティン・ルーサー・キング・デー)
2月
第3月曜日
大統領の日
(プレジデンツ・デー)
4月
イースター(復活祭)直前の金曜日
聖なる金曜日
(グッド・フライデー)
5月
最終月曜日
戦没将兵追悼記念日
(メモリアル・デー)
7月
4日
独立記念日
(インデペンデンス・デー)
9月
第1月曜日
勤労感謝の日
(レイバー・デー)
11月
第4木曜日
感謝祭
(サンクスギビング・デー)
12月
25日
クリスマス

最短即日から取引開始

ページTOPへ