閉じる

米国株式

米国株式とは

米国株式は、世界時価総額トップ10常連の銘柄が多く、米国および世界を代表する優良企業が上場しています。
例えば、コカコーラ(KO)、ナイキ(NKE)、アップル(AAPL)、アマゾン(AMZN)など誰もが聞いたことのある馴染み深い企業が多数あります。
そんな株式を1株単位で売買できるのが、米国株式の魅力です。

  • 1株から
    購入できる
    値上がり益
    1株から
    購入できる
    値上がり益

    米国株式や米国ETFは1株単位から売買でき、少ない資金で始められる。

  • 高配当・増配当
    高配当・増配当

    国内銘柄と比較しても、高配当や50年以上増配している銘柄が多く存在している。

  • 成長し続ける
    米国市場
    成長し続ける
    米国市場

    NYダウ平均株価は右肩上がりである。下落の局面があっても、長期的に見ると成長し続けている。

米国株式は1株から
買付けできる

米国株式と国内株式との大きな違いの一つに、取引単位の違いがあります。
国内株式(ETFなどを除く普通株式)は、100株単位で取引する必要があり、株式を買付ける際には相応の資金が必要となります。
米国株式の場合には、すべての上場株式・ETF・ADRを1株単位で買付けることができるので、少額から投資を始めることが可能です。

「S&P500」指数採用企業の時価総額上位10銘柄
順位銘柄名(コード)株価最低買付金額時価総額
1アップル(AAPL)200.1ドル22,211円103.1兆円
2マイクロソフト(MSFT)119.93ドル13,312円102.1兆円
3アマゾン・ドット・コム(AMZN)1849.86ドル205,334円100.1兆円
4アルファベット(GOOGL)1208.28ドル134,119円93.3兆円
5バークシャー・ハサウェイ(BRK)205.25ドル22,783円56兆円
6フェイスブック(FB)174.93ドル19,417円55.6兆円
7ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)136.14ドル15,112円40.2兆円
8エクソンモービル(XOM)83ドル9,213円38.7兆円
9JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPM)105.65ドル11,727円37.9兆円
10ビザ(V)157.75ドル17,510円35.1兆円

株価・最低買付金額・時価総額は、2019年4月8日(月)の終値、米ドル/円レート=111円として計算しています。また、最低買付金額には手数料を含んでいません。

米国企業は株主還元を重視!
高配当銘柄が多数存在

米国では株主還元を重視した経営方針をとっている企業が多く、原則として日本企業のような株主優待制度はありませんが、配当金で株主に還元しています。
そのため、米国株式は国内株式と比較して高配当の銘柄が多く存在します。
また、日本企業は一般的に年1、2回配当となりますが、米国企業は四半期ごとの年4回配当を行う企業が多いため、米国株式の方が資金効率も比較的良くなります。

配当金は企業の業績等により支払われない場合や、支払回数が変わる場合があります。

NYダウは右肩上がり!
日経平均株価との圧倒的な
パフォーマンスの差に注目

1970年以降のNYダウと日経平均株価の株価を比較すると、米国株式と国内株式との成長の差が一目瞭然です。
NYダウは、2000年のITバブル崩壊や2008年のリーマンショックなど下落局面はあるものの、長期的に見ると右肩上がりの成長を続け、高値を更新しています。
一方、日経平均株価は1989年のバブル絶頂期に最高値を記録して以降は、株価の上昇が限られ、高値を更新できていません。

NYダウ(ダウ工業株30種平均)と日経平均の比較(1980年4月から2018年12月) NYダウ(ダウ工業株30種平均)と日経平均の比較(1980年4月から2018年12月)
(DMM.com証券作成)

国内株式と米国株式の違い

国内株式と米国株式では、単元株数、制限値幅、注文方法や取引時間など、いくつかの点が異なります。

国内株式と米国株式の比較表
国内株式(普通株式)米国株式
取引ルール単元株数100株1株
取引単位100株以上、100株単位1株以上、1株単位
制限値幅1日の上限と下限の設定あり1日の上限と下限の設定なし
注文方法指値、成行、逆指値など指値、成行
取引時間【前場】
09時00分~11時30分
【後場】
12時30分~15時00分
(東証以外は15時30分)
【冬時間】
23時30分~翌06時00分
【夏時間】
22時30分~翌05時00分
※日本時間
その他上場企業数約3,700
(東証、名証、福証、札証の合計)
約5,300
(ニューヨーク証券取引所、NASDAQの合計)
年間配当回数年間1回または2回の企業が多い年間4回の企業が多い
配当利回り
(日経平均、ダウ)
2.14%2.34%

配当利回りは2019年4月15日(月)の終値で計算しています。

よくあるご質問

米国株式に関する、よくあるご質問をまとめました。米国株式への投資にお役立てください。

英語がわからなくても、米国株式取引に支障はありませんか?

支障はありません。
【DMM 株】の取引ツールでは、個別銘柄の情報やニュースなどを全て日本語で表示しています。

株式投資の経験がありませんが、まずは国内株式から始めた方が良いでしょうか?

必ずしも国内株式取引から始めた方が良いとは言えません。
米国株式は1株単位で買付けることができるため、少額から投資を始められます。
また、コカ・コーラ(KO)、ナイキ(NKE)、ウォルト ディズニー(DIS)など、日本人にも馴染みのある企業が多数あります。
ご自身にとって魅力的な企業があれば、米国株式取引から始めても良いのではないでしょうか。

米国株式の取引にはドルが必要ですか?

【DMM 株】の米国株式取引は円貨決済のため、ドルは必要ありません。
お客様ご自身で「円⇔ドル」の転換をいただく必要がなく、よりシンプルな操作でお取引いただけます。

どんな銘柄に投資できますか?

アップル(AAPL)、アマゾン(AMZN)、アルファベット(GOOGL)、フェイスブック(FB)など米国を代表する企業に投資できます。
また、アリババグループ(中国)やインターコンチネンタルホテル(英国)など、米国の企業だけでなく、世界各国の有名企業にも投資できます。

当社取扱銘柄の詳細はこちらをご確認ください。

国内株式と税率は異なりますか?

配当金は、配当金額に対して現地源泉税が10%徴収された後、日本国内で20.315%の税金が課せられます。 ただし、上述したアリババグループ(中国)などのように、本籍が米国ではない銘柄の場合、本籍地の税率が適用されます。 そのため、10%より高くなる場合も低くなる場合もあります。

確定申告において外国税額控除の適用を受ける場合などは、上記と異なる可能性があります。

なお、特定口座をご利用いただくことで、国内株式と同じく確定申告を簡易にすることができます。

DMM.com証券ではじめる
米国株式取引の魅力

POINT01

1つのアプリで国内株式も米国株式も

1つのアプリで国内株式も米国株式も!垣根をなくしたシームレスなお取引を実現します。

国内株式・米国株式の幅広い銘柄から、最適な投資先を選択できます。
1つのアプリなので資金振替も不要です。

取引ツール・アプリ
POINT02

業界最安値水準の取引手数料

米国株式の取引手数料は、業界最安値水準。

取引手数料
POINT03

嬉しいポイントサービス

嬉しいポイントサービス

取引手数料に応じて、1%のポイントが得られます。
たまったポイントは1ポイント1円で現金化ができ、お客様の【DMM 株】口座に入金することができます。

ポイント

DMM 株の米国株式についてもっと知りたい

ページTOPへ