閉じる

信用取引について

委託保証金、最低保証金は制度信用取引と一般信用取引とそれぞれに必要ですか?

制度信用取引と一般信用取引を合算して計算されます。
なお、当社での信用取引の預託率(委託保証金率)は、新規建玉金額に対し30%(最低30万円以上)です。
最低預託率(最低委託保証金率)は20%(30万円を下回る場合は30万円)とし、下回った場合に追証が発生いたします。


例1:制度信用取引の建玉を100万円、一般信用取引の建玉を100万円保有する場合に必要な委託保証金

200万円(両方を合算した建玉金額)×30%=60万円

例2:制度信用取引の建玉を50万円、一般信用取引の建玉を40万円保有する場合に必要な委託保証金

90万円(両方を合算した建玉金額)×30%=27万円
最低委託保証金は30万円なので、30万円が必要

ページTOPへ