閉じる

追加保証金

追加保証金の概要や解消方法についてご案内いたします。

追加保証金(追証)とは

追加保証金(以下、追証)とは、最低預託率を下回った場合に差し入れていただく保証金のことです。

当社信用取引での最低預託率は20%(30万円を下回る場合は30万円)とします。毎営業日大引け時点で最低預託率を下回っていた場合、追証が発生いたします。追証が発生した場合は、翌々営業日の15時30分までに追証以上の保証金を差し入れていただく必要があります。

一度確定した追証はすべて解消する必要があります。相場変動等によって預託率が20%以上(または、受入保証金が30万円以上)に回復しても、追証の解消とはみなしません。解消期限までに追証が解消されなかった場合、当社は解消期限の翌営業日の前場寄付でお客様の保有しているすべての信用建玉を反対売買により強制返済することができるものとします。

その結果、損金が発生した場合には、お客様にご入金していただくこととなります。 当該ご入金が滞った場合、当社の任意でお預かりの代用有価証券を処分し、損金に充当させていただきます。

追加保証金制度の概要

判定時刻
毎営業日大引け時点
発生条件
預託率(委託保証金率)が20%未満となった場合
又は、受入保証金が30万円を下回った場合
確認方法
  • 『DMM株 STANDARD』の「資産状況」>「預かり資産照会」>「入金のお願い」
  • スマホアプリ『DMM株』の「お知らせ」>「お客様へのお知らせ」
追加保証金
追加保証金(追証)発生時点の預託率(委託保証金率)20%回復相当額
  • 預託率20%を回復しても受入保証金が30万円を下回る場合は、30万円を回復するまで。
解消方法
  • 追加保証金の現金での差入
  • 既存建玉の反対売買(反対売買した建玉の建約定代金×20%が追加保証金に充当)
  • 1および2の組み合わせ
追証解消期限

追証発生日の翌々営業日15時30分

強制返済
期日までに前述の方法により追証が解消しなかった場合は、当社の任意により、お客様の口座のすべての信用建玉を返済します。
ページTOPへ